ネットビジネスで稼ぎたい

生き方

会社に勤めたりどこかに雇われたりするのが超絶的に嫌だな~、息苦しいな~、そんな人生ずっと続けていくのは無理だな~…なんて思い、数年前よりネットビジネスに興味を持ちはじめました。

ネットビジネスと聞くと、知らない人にとってはいかにも怪しそうな、なんだか詐欺まがいのことをやろうとしてるのではないか?との誤解を与えそうですが、知ってる人にとっては個人で起業するには王道の方法だと感じるでしょう。


そこで今日は、ふと思い立ったネットビジネスについての思いを書き綴っていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

ネットビジネスで成功したい


私は今から4年前に初めてネットビジネスの存在を知りました。


その当時はちょうどオーストラリアにワーホリ中で、現地での仕事を探す最中でした。

ただ、英語も話せずに英語圏の国で仕事をしようとしていたものだから、当然すぐには仕事は見つかりませんでした。

なので私は異国の地で無収入という精神的にも、置かれた境遇的にも不安定な状況に陥っていたわけです。

その時は、まず今の状況をどうにかしたい…


そのような思いがもちろん強かったのですが、それと同時に今後の自分の人生にも不安を抱えていました。


「超絶苦痛だった日本での仕事を辞め、今はワーホリなんかやってるけど、帰国後はまた会社勤めをするのだろうか?」


「仕事嫌いの私がこれから定年までの30年以上の間、働き続けることが出来るのだろうか…?」

自信が無い

そうです、私はこれまで社会に出てからというもの、周囲の環境や仕事に適応することが出来ずに悩んできたのです。
いわゆる社会不適合者という言葉がお似合いの人間でした。

そのため、仕事探しをしていたものの、
「本当にこのままでいいのだろうか?」
という疑問は抱き続けていたのです。

そんな時に何かの拍子に出会ったのがネットビジネスという存在。

インターネット環境とパソコンさえあれば自分で仕事を作り上げることが出来る。


こんな素晴らしいことはない…

そう思い、私はネットビジネスの世界へと片足を突っ込むことになったのです。

甘くはないネットビジネス…


私が試した方法、それはアフィリエイトと呼ばれるものです。


ご存知の方も多いと思いますが、


自分でブログを立ち上げて、その中で売りたい商品を紹介 → 売っていく


という方法です。


ノウハウや教材なども沢山出回っているし、上手く行けば月収100万なんてのも夢ではない、そんな情報に夢ばかりが膨らんでゆきました。

しかし、アフィリエイトは手軽に始められる一方で脱落者も多いのです。


上手くビジネスが軌道に乗ることが出来るのは、全アフィリエイターのほんの数パーセントと言われています。

「ノウハウ通りにやっていけばいいんだから、上手く行くに決まってんじゃ~ん!」


そんな風にお気楽に考えていた私でしたが、もちろん脱落者組へと落ちていったのは言うまでもありません…

諦めきれない自分で稼ぐという夢


私もそうですが、多くのアフィリエイト挑戦者が上手くいかない理由というのは、おそらく成果が出るまでに時間がかかりすぎるからだと思います。

なかなか成果が出ずに、数ヶ月間一日何時間もの作業をこなしたはいいけど、得られた収入はたかだか数千円…


圧倒的に見合った対価が得られないのです。


そのため、


「…これなら時給1000円のバイトした方がマシなのでは?」


という思考に陥るわけです。


そして私は1年~2年近く続けたアフィリエイトをあっさりと諦めたのです。

そして堅実に派遣や会社員として働く道を選びました。

が、しかし…


オーストラリア帰国後に就いた会社員の仕事は2社連続、半年程でギブアップ。


フリーダム感溢れる国に心が染まりきった社会不適合者にとって、日本の会社員としての社会復帰は不可能だったようです。

そこで、半ば人生諦めた感じで飲食チェーン店でバイト生活を送る道を選んだ訳です。

「慎ましくこれからは生きていこう」


そう思っていたのですが、会社員に比べるとゆるい生活を続け、メンタル的にもだいぶ傷が癒えてきたここ最近、頭をよぎるのは


「やっぱ自分で稼ぎたいよな~」

という願望。

ここ最近、私はスピリチュアルにハマっており(またまた怪しそうなものに…という意見は横に置いておいて…)、引き寄せの法則などに興味津々なのです。

引き寄せの法則に合致するかどうかは分かりませんが、とりあえず自分のやりたいこと、成し遂げたいこと、願望などはどんどん示していった方が良いと思い、ブログの中でも少しずつ自分のやりたい事やネットビジネス成功したいぞ戦略に触れていけたらと思います。

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました