【喫茶店巡り】気分をよくするための活動 珈琲専門店TOMへ行く

以前の私であれば

「金がもったいない」

「100円あればコンビニでコーヒーが買えるのにわざわざスタバに行く人の気持ちがわからない」

などなど、

カフェへ行ってコーヒーを飲む

それすなわち

もったいない行動

と思っていた私。

ただ、ここ最近思うのです。

ステキなカフェへ行って

知識人っぽい人たちの

仲間入りを果たした気分に浸れるのは

決して無駄な行為ではない、と。

コンビニのコーヒーでは

得ることのできない付加価値が

数百円の中には含まれているのです。

そんなこんなで

ここ最近、

カフェ巡りにどハマりしている

由紀子ですが、

今回はいつもと少しテイストを変えて

”純喫茶”という言葉が

実に似合う喫茶店

珈琲専門店 TOMへ行ってきたので

どんだけ素敵な気分に

なれたかを

今回はお伝えしたいと思います。

▼併せて読みたい

⇒代々木周辺でランチをお探しならココがおすすめ!かもめのイタリアン

代々木の名店 珈琲専門店TOM

バイトが休みだったこの日、

新宿周辺をぶらつきたくて

ネットやインスタグラムで

新宿近辺のよさげなカフェや

喫茶店を検索したところ、

なんだか他とは違う雰囲気を

醸し出している喫茶店を発見。

それが今回訪れた

珈琲専門店TOMです。

まずは、

TOMさんへの行き方を

由紀子なりにご紹介したいと思います。

私の場合、

基本的に

原宿・青山までの範囲であれば

新宿駅で下車し、

そこから徒歩で

目的地へ向かいます。

今回は代々木駅から

徒歩数分という

新宿駅からも

非常にアクセス抜群の好立地

(もちろん代々木で降りればもっと近いよ)

のため、

ウキウキ気分で歩を進めます。

代々木に行くにはまずは

新南口、もしくは

ミライナタワー改札から出発となります。

新南口方面は

東口や西口などの繁華街側とは違い

綺麗に整備された

ゆとりのある歩道を

のんびりと歩くことができるので

私のお気に入りスポットです。

高島屋の方から線路上を

横断できる遊歩道から眺める

新宿のビル群の眺めもなかなかなものです。

歩道を渡りきると

左手側にはイオンなどのショッピングセンターの

常連であるおしゃれな雑貨屋さんFranc francがあり、

その反対側には

なぜかいつも混んでいるハンバーガーショップ

SHAKE SHACKがあります。

混んでいるから

きっとおいしんだろうと思い、

いつか行こう、行こうと

思っていても

結局1年くらい行けていない

気になるスポット。

人気過ぎると

逆に冷めてしまうのが

私の残念なところです。

さて、

そんなこんなしているうちに

あっという間に代々木駅に到着です。

出口を間違えなければ

新宿駅から徒歩約10分ほどなので

面倒な乗り換えをするくらいなら

歩いてきたほうが気分的には楽なのです。

ここまで来たら

今回の目的地まであと少し。

横断歩道で道の反対側へ渡り

路地へ入ってすぐのところに

TOMはあります。

ちょうどマックの

裏手あたりにあるので

場所的にもわかりやすいです。

さっそくドアを開け入店。

店内へ入ると

笑うセールスマンの

喪黒福造がよくいる

バーのような非常にレトロな雰囲気。

そして

カウンターの中には

しっかりとマスターもいます。

「これぞ喫茶店…!」

気分をよくするための活動

と言いつつ、

いつもは

マックで100円コーヒー&三角チョコパイ

がお決まりの由紀子は、

この雰囲気に少々委縮してしまいます。

ただ、

そんな場に不釣り合いな

いかにもお金がなさそうな由紀子でも

店に入った瞬間優しく

「1階でも2階でもお好きな席へどうぞ」

と言っていただけたため、

落ち着いてコーヒーが飲めそうな

2階の席へ。

机や椅子、

店内のインテリアから何まで

実にレトロで奥ゆかしい。

どこかタイムスリップしたような

そんな気分にさせてくれる雰囲気です。

席へ着くと

お冷とメニューが渡されます。

調べたところによると

こちらのお店では

ドーナツのような形の

ババロアが人気のようです。

そして、

さすがは珈琲専門店だけあって

コーヒーの種類が半端ではありません。

普通であれば

ブレンドとアメリカンで

済ませてしまうところを、

産地別にさまざまな

珈琲を味わうことができるため、

コーヒー好きには

たまらない店でしょう。

ただ、

私はこれだけ種類があると

どれにしたらよいのかわからないため、

一番お値段控えめの

ソフト珈琲をいただくことに。

ソフトってなんだ?と思い、

店員さんに伺ったところ

スタンダードなコーヒーとのこと。

ビギナーには

このくらいがちょうどいいかもしれません。

コーヒーに加えて

お腹も空いていたので

焼きサンドウィッチも一緒に

頼むことに。

待つこと2~3分、

サンドウィッチと

コーヒーの到着です。

こんがりと表面が焼いてある

サンドウィッチが

山形にカットされ行儀よく

お皿の上に並んでいます。

そしてサイドには

あんみつなどに入っているような

昔ながらの甘いフルーツも

食後のデザートとして

ついてきます。

ただ私の場合、

フルーツは食前に食べてしまいます(笑)。

ここ最近では

ビニールの包装がされた

お手拭きが主流ですが、

思わずシャッターを押したくなるような

なんともおしゃれなパッケージの

お手拭きが添えられています。

気分がよくなったところで

早速コーヒーを一口。

私はコーヒーに詳しいわけではありませんが、

ここ最近

よくコーヒーを飲むようになって

思うことが、

「コーヒーは苦いだけではないのだな」

ということ。

特に豆にこだわっている

お店のコーヒーだと

むしろ苦みがほとんどない場合も。

こちらのコーヒーは

どんなお味かというと、

コーヒー独特の

酸味のあるお味になっています。

私はこれまで

酸味の強いコーヒーに

あまりであったことがなかったので、

「これが噂の酸味のあるコーヒーか…」と

思いつつ、

サンドウィッチと共にいただきます。

さて、

サンドウィッチの方は

どんな感じかというと…

おそらくパンの

内側だけではなく

外側の表面にもバターが塗られていて

それが焼かれることで

よりこんがりとした食感を

演出してくれています。

そして、

具材はというと

薄焼き卵、チーズ、トマト

といったサンドイッチの

定番具材が

ハムと共にサンドされています。

シンプルながらも

こういうのが一番うまいんだよな

と、思いつつ

静かな店内で

優雅なブランチをいただきます。

私が訪れたのは

平日ということもあり、

比較的ランチ時でも

座席に余裕はありましたが、

帰るころになると

外回りの営業中と思われる

サラリーマン風の人だったり

常連の方々などで

6~8割ほどの席は埋まっていたように

思えます。

ただ、

それでも非常に落ち着いた店内なので

コーヒーを飲みながら

ゆったりとした時間を過ごしたい

という方には超おすすめの喫茶店です。

▼併せて読みたい

⇒休みの日でも仕事のことを考えてしまう私の傾向と対策

珈琲専門店 TOM

TEL 03-3379-2309

場所  東京都渋谷区代々木1-37-3 岩崎ビル 1F

営業日時 9:00~22:00(平日)

     12:00~19:30(土曜)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする