東京駅は改札内で楽しめる!グランスタを散策してみた

 
東京観光に来た人にとって
帰省前の一番のタスクというのは
「お土産を買うこと」ではないでしょうか。
 
 
せっかく東京に遊びに来たのだから
会社の同僚や家族・親戚に
自慢できるようなオシャンティな
The Tokyo!と一発でわかる
お土産を買って帰りたい!
 
そう思う方も少なくないと思います。
 
私自身も、
 
お盆や年末年始に
実家へ変える際は、
 
ちょっといいお土産を買っていきたい
という気持ちになります。
 
そんな時に、
 
東京に慣れていない人にとっては
一体どこでお土産を買うべき?
 
 
というのは
割りと大きな問題になってくると思います。
 
 
そこで今回は、
 
東京でお土産を買うなら
ここへ行け!と言える場所、
 
 
東京駅にあるグランスタ
についてご紹介したいと思います。
 
 
 

東京駅の改札内はすごかった…!

 
東京観光を計画して
どのルートを回って
どこで食事をして
どこで記念写真を撮って…
 
というような、
 
 訪れる観光スポットについては
下調べもよくすると思いますが、
 
意外とぬけがちなのが
「お土産を買う場所」です。
 
朝からフル稼働で東京中を練り歩き、
 
そろそろ帰る時間だな~
というときに気づくのが、
 
「ヤバい!お土産買ってなかった~!!」
ってことです。
 
 
初めて来た場所では一体どこに行けば
理想のお土産が手には入るのか、
 
なかなかわかりませんよね。
 
 
だからこそ
頭に入れておいてほしいのが、
 
グランスタへ行けば
お土産をゲットできる
 
ということです。
 
 
 

グランスタとは?

 
 
先ほどから
グランスタグランスタと、
 
度々登場してくるこの名前。
 
すでにご存じの方も多いとは思いますが、
 
そもそもグランスタとは?
ということに触れておきましょう。
 
 
グランスタというのは
東京駅構内にある
お土産から惣菜・スイーツなど
ありとあらゆる美味しそうなグルメや
お土産にピッタリな雑貨が揃う商業施設です。
 
 
 いわゆるエキナカってやつですね。
 
最近では
エキナカが充実している
駅も増えてきていると思いますが、
 
東京駅の場合はハンパじゃありません。
 
 
本当に中途半端に作ったのではなく
観光立国を目指すジャパンの底力を
ここに見せてやろうというくらいの
気合いの入った施設になっています。
 
 
 

グランスタへの行き方

 
そんなにすごいというなら
行ってみたいな~と思った人も
多いでしょう。
 
というより、
 
東京のガイドブックや
観光雑誌でも特集が組まれている事が
多いので、
 
お土産目的地はなく
すでに観光ルートのひとつとして
計画に組み込んでいる方もいるかもしれません。
 
 
じゃあ、
 
グランスタに行きたい場合の
行き方は?ということですが、
 
私ははじめて
グランスタに行ったとき、
 
正直迷いました…
 
 
改札から出る必用はなく
「グランスタ→(こっち)」
みたいな案内も
たくさん出ていたため、
 
 
たどり着くのは余裕だろう
 
そう思っていたのです。
 
 
しかし、
 
東京駅 というのは
想像以上に巨大なため、
 
慣れていないと
今自分がどこにいるのかということすら
あやふやになってしまいます。
(ただの方向音痴もあるのだけど…。)
 
 
ただ、
 
グランスタは東京駅改札内の
地下1階にあるということ、
 
そして丸の内地下中央口と
八重州地下中央口を結ぶ場所にある
ということを頭に入れて
 
駅内の案内にしたがって
エスカレーターなどを利用して
地下へ向かっていけば、
 
たどり着く事ができるでしょう。
 
 
グランスタ自体の面積も
大きいため、
 
気づいたら着いてた
ということもあり得ます。
 
 
実際私は、
 
はじめての東京駅構内を
うろうろしていたところ、
 
 
グランスタの象徴でもある
「銀の鈴」が目の前に現れたことで、
 
「いつの間にか着いてたのか…!」
ということを認識できたのです。
 
 

グランスタには何があるの?

 
じゃあ一体
グランスタには何があるのか? 
ということが気になりますよね!
 
 
いろ~んなものがありますよ(笑)
 
特にスイーツやお弁当などの
グルメに関しては、
 
毎日通い続けたいと思えるほど
魅力たっぷりな食べ物たちが
誘惑してきます。
 
 
そしてお土産にピッタリな
東京ならではのものをモチーフにしたものや
東京駅限定のお菓子などもたくさんあるので、
 
「東京行ってきたで~!」と
お知らせするのにちょうどいいお土産が
きっと手に入る ことでしょう。
 
 

イートインできるお店も

 
 東京駅の中には
お土産やテイクアウトグルメだけではなく、
 
ちょっと小腹が減ったときに嬉しい
イートインスペースも備えた
カフェなどもあります。
 
 
そのため、
 
今回の東京観光ではB級グルメしか食べてこなかった!
 
というときに
オサレな東京の雰囲気を味わうのにも
いいかもしれませんね。
 
 

グランスタは進化している!

 
さて、
 
2007年に丸の内と八重州を結ぶ
商業施設としてオープンしたグランスタですが、
 
時代と共にさらにパワーアップし
進化をとげています。
 
オープン当初は
45店舗ほどだったそうですが
今では90店舗までに拡大をして
 
東京駅を訪れる人達に
様々な魅力やサービスを
提供しています。
 
 
お土産を買うもよし!
食事をするもよし!
帰りの電車で食べる駅弁を買うもよし!
ただぶらぶらするもよし!
 
 
東京に行った際にはぜひ旅の思い出に
東京駅改札内のグランスタに
訪れてみてはいかがでしょうか!
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました