カレーなのに低カロリー!ヴィーガンカレーの簡単適当レシピ!!

以前このブログで

ヴィーガンレストランで食べるカレー特集

お伝えしました。

どのお店もこだわりの

カレーがおいしそうで、

本当ならば

毎日でもランチはヴィーガンレストランの

カレーを食べたい!と思ってしまいます。

しかし、

満足なお給料をもらっているわけでもない私は、

そんな贅沢をできるはずはありません。

(それにおしゃれなヴィーガンレストランはエクスペンシブ!)

そこで今回は、

だったら自分でヴィーガン対応の

カレーを作っちゃえばいいじゃん!!

ってことで、

いつも私が作っている

カレー粉から作るカレーレシピ

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ヘルシーヴィーガンカレーの簡単レシピ

カレーをカレー粉から作るのって
なんだか面倒くさそう…
このように敬遠している方も

少なくないのではないでしょうか。

しかし、

今回ご紹介するレシピはとにかく簡単!

というのも、

大まかに大体の流れを説明すると
野菜を切って炒めて煮込むだけだから。

私が自分でカレーを作るときは
ほぼこの工程だけしか意識していません(笑)

なのですが、これだとちょっと
大まかすぎるので

材料や実際の流れを
もう少し詳しく
ご説明していきます!

 

私流ヴィーガンカレーの作り方

【材料】
キャベツ 適量
白菜 適量
玉ねぎ 1/2個
トマト 1個
しめじ 1/2株
エノキ 適量
ズッキーニ 1/4本
ジャガイモ 1個
生姜 少々
※基本好きな野菜を入れてください

塩 小さじ1くらい
コショウ 少々
カレー粉 大さじ2/3くらい
油 大さじ1
水 300mlくらい
※自分の好みで調節してください

【作り方】

1、千切りにした生姜、玉ねぎ、エノキ、

しめじ、キャベツを油でいためる。

2、白菜、トマトを切り、なべへ投入

3、塩・コショウを入れて全体がしんなりするまで炒める

4、玉ねぎの色が変わってきたら

水、カレー粉を加え、食べやすい大きさに切った
ジャガイモ、ズッキーニを入れてふたを閉めてコトコト煮る

5、大体ジャガイモに火が通って

数分経ったら後はお好きなタイミングで
火からおろしてOK→完成!!
(私は結構じっくり煮ます。白菜がとろりと柔らかくなるくらいまで)

関連記事▼

⇒ベジカレーをさらにおいしくしてくれるオーガニック野菜!おすすめ宅配サイトはここだ!

このレシピのポイント

このレシピにはいくつかの
ポイントがあります。

一番大きなポイントは、

自分の好みによって
調味料や具材を調節する
ということです。

今回、

レシピをご紹介する
ということで

調味料や野菜の大体の分量を記しましたが、

いつも自分で作るときは
どのくらい何を入れようか
ということは図っていません。

調味料も大体の目分量ですし
野菜なんてその時の気分で
大体食べきれそうなくらいを適当に
鍋に入れていっちゃいます。

「そんな適当で大丈夫なの??」

と思うかもしれませんが、

何回か作っていくと
大体自分の好みの味の分量
というのがわかっていきます。

ただ、

塩味が少なすぎると
ちょっと物足りない味になってしまうので、

塩と胡椒は
味見をしながら慎重に調節していきましょう。

おすすめ記事:これは満足!ベジタリアンの簡単クリームパスタレシピ

主役は野菜

このレシピのいいところは
好きな野菜を入れればOKということです。

カレーを作るときって、

大体どこの家庭でも
使用する具材って決まってくると思います。

私が幼いころ実家で食べていたものは
豚肉、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン
というラインナップがほとんどでした。

また、

小学校の頃の給食で出ていたカレーも
大体いつも同じような具材だったと思います。

違いがあるとすれば、

入っている肉がポークかビーフかチキンか
くらいでしょうか。

おそらくほとんどの場合だと
お肉がカレーのメインキャストになっているため、

それに合ったほかのわき役といえば
ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎに
なってくるのでしょう。

もちろんこういった王道カレー具材

が一番しっくりくるし、

十分おいしいというのもありますが、

今回ご紹介したレシピのように

主役を野菜やキノコにする場合、

とにかく自分の好きな野菜を
たっぷり入れちゃえばいいのです。

野菜だけだと
わりとどんなものを入れても
それぞれの味を邪魔しないため、

これまでにも
これを入れて失敗だったということはありません。

今回ご紹介した材料の野菜というのは
私が作るカレーの定番具材ですが、

その他にも
おススメのものはたくさんあります。

キノコだと
エリンギやヒラタケもおいしいですね。

野菜だと
なす、セロリ、パプリカ、かぼちゃ、サツマイモ
などもよく入れたりします。

ごぼうを入れても

歯ごたえやうまみが出ておいしいですね。

特にセロリはすじを取って
大きめに切って

コトコトとじっくり煮ることで
とろりと柔らかくなるので
おススメです。

スポンサードリンク

アレンジ色々

そして、

野菜以外にもいろいろアレンジ可能です。

プラスアルファで豆乳や
ココナッツミルクを入れれば
まろやかでコクのあるカレーになりますし、

パンチをきかせたいということであれば
ニンニクを入れると風味がアップします。

このカレーレシピには
コンソメや出汁は使用していません。

それはヴィーガン対応レシピ

というだけではなく、

野菜と塩コショウだけで

十分おいしい味になるからです。

キノコや玉ねぎをしっかり炒めることで
うまみが出ますし、

野菜をじっくりと煮込み
塩コショウで味を調えることで
出汁をいれたのか?と思えるほど
おいしく、優しいうまみが詰まった
味に仕上がります。

関連記事:ヴィーガンレストランで食べたい!絶品カレー3選!

とろみを出したい場合は片栗粉を

最近では
ほぼスープカレーのような感じで
仕上げていますが、

もし
ルーで作ったカレーのように
とろみをつけたい場合は

水溶き片栗粉で
とろみをプラスすると
カレーっぽさがアップします。

このカレーレシピを
作り始めたころは、

小麦粉とカレー粉を合わせて
スープで引き延ばして
とろみをつけていきましたが、

うまくいく時と
いかない時(小麦粉がだまになってしまう)
の差が激しいため、

プロっぽいことをするのは
断念しました。

完璧を目指しすぎない
というのも、

ベジタリアンやヴィーガン
食生活を取り入れるうえでは
大切だと思っています。

基本を押さえて適当に作るのが一番

さて、

今回は誰でも簡単に作れる
ヴィーガンカレーレシピのご紹介をしました。

このレシピの基本は
しっかりと炒めることと
じっくり煮込むこと、

そして塩加減です。

おそらく人によって
どのくらいが自分の好みか
というのは分かれると思いますが、

コツがわかってくると
炒めて煮込むだけという
非常に簡単なレシピになります。

煮込んでいる間に
サラダを作ったり

もう一品他の
おかずを作る事だって
できてしまいます。

カレー粉から作るカレーというと
ちょっとハードルが高いように
思いますが、

やってみると意外と簡単なので
ぜひ試してみはいかがでしょうか!

おすすめ記事:野菜料理をおいしくしてくれるオーガニック野菜!安心して頼めるサイト2選

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする