英語を話せない!海外移住で日本語のみの仕事をゲットするためには?

私は中学の3年間、

そして

高校でも3年間

しっかりと英語を学んできました。

これだけ英語に触れていれば

日常会話くらいできるんじゃないか

というとそうではありません。

英語の授業は

まじめに受けてきたつもりですが

週に数回程度の授業で

しかも日本語が主体となっている勉強方法では

日常会話すらマスターできずに

教育期間を終えてしまったわけです。

ただ、

前回までの記事でもお伝えしている通り、

私は海外移住を果たしたいと

考えているわけです。

現時点で英語を話せないにも関わらず…。

▼前回までの記事▼

⇒海外生活で仕事に困らないためにすべきことは?過去の経験から考えた事

高校・中学の6年間

英語を勉強してきても身につかなかったものを

頭の固くなった今から勉強して

果たしてどのくらいの時間をかければ

満足のいく英語力を身につけられるかは疑問です。

ただ、

海外移住に必ずしも

英語力が必要かというとそうではなく、

仕事を得ることに関しては

『語学力不問』を掲げている

海外勤務の求人を目にすることもできます。

そこで今回、

海外移住を果たすまでに

万が一、

語学力が身につかなかったときのために

日本語のみでもできる仕事について

まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

海外移住先で日本語のみでもOKそうな仕事

私が経験したフィリピン留学と

オーストラリアでのワーホリ期間中に

見てきた人・職場で、

「あんまり英語使わなくてもできそうだな~」

そう感じたことも多々あります。

また、

海外求人を検索してみると

『語学力不問!』と書かれているものも

結構あるな~という印象を持ちます。

じゃあ一体、

英語などの語学力が必要なく

日本語のみでもできる仕事って

どんなものがあるでしょうか。

【語学力がなくてもできそうな仕事】

  • 日本食レストランのキッチン
  • 日系企業の社員
  • 日本人観光客向けツアーガイド

日本食レストランのキッチン

私はオーストラリアに住んでいた時、

回転寿司屋で働いていたことがあります。

その時私は

ほぼ英語が話せなかったにも関わらず

何を間違ったのか

ホールを希望してしまいました。

ワーホリ前に

フィリピンで半年過ごしたことがある

ということから、

あろうことか

採用されてしまったのですが、

ホールといっても

ほとんど使うフレーズは決まっていたので

海外の飲食店・接客用語

などをググることでなんとか乗り切ることができました。

ただ、

時々「ペラペラペラ~」っと

早口で話しかけられることがあったり、

電話でのオーダー取りを

しなければならない場合もあるので、

できれば英語の使用は

避けたいという場合には

ハードルが高いかもしれません。

そこでおすすめなのが

キッチンのポジションです。

お寿司屋さんだったり

日本食レストランというのは

従業員がほぼ日本人で占められている場合が多いです。

(オーストラリアの場合。)

私が勤めていたお店だと

キッチン(寿司製造)のスタッフは

100%日本人でした。

なのでお店で聞こえてくる

従業員同士の会話というのは、

ほぼ日本語でした。

たまにお客さんから

キッチンの人に直接オーダー

されることがありますが、

それも

「ツナロール プリーズ」

とかそんな感じなので、

商品名さえ聞き取れれば

ほぼ語学力がなくても

お仕事はできそうですね。

日系企業の社員

私は社員として働いていたわけではありませんでしたが、

フィリピンでは

日系の語学学校のスタッフ、

オーストラリアでは

日系のIT企業で

それぞれインターンシップをしていました。

どちらの職場も

上司や同僚は日本人が

大半を占めていたため、

仕事で使う言葉は

ほとんど日本語でした。

ただ、

私の場合は運よく英語が話せなくても

インターンシップをさせてもらうことが

できましたが、

インターンでも

「日常会話程度の英語力」とか、

「TOEIC500点以上」など

ある程度の語学力を必要とされる場合もあります。

ましてや

実際にお給料をもらって

仕事をする場合は、

いくら日系企業といえど

外国人スタッフも一緒に働いている場合もあるので

ある程度の語学力が

必要になってくる場合もあるでしょう。

じゃあ海外で働くには

日本食レストランで働くしかないのか

というと、

そうではありません。

以前YouTubeをぼ~っと見ていた時に

おすすめ動画として表示された

海外で働く日本人の

ドキュメンタリー番組を見たことがあります。

その番組内では、

中国に拠点を置いている

日本人顧客を相手にした

コールセンターのお仕事を紹介していました。

日本人客向けのコールセンターということで、

電話を受けるorかける場所は

外国であっても

電話相手は日本人なわけですから、

当然日本語さえ話せれば

お仕事をすることができるというわけです。

実際私も

フィリピンでのインターンシップ先を

考えていた時に、

語学学校の他に

コールセンターでの

インターンの募集もあったため

検討したことがありました。

(ただ、電話は好きではないのでやめときましたが…)

海外求人でも

コールセンターのお仕事というのは

比較的見つけやすいので

なるべく早く

移住したいという場合には

難易度は低いかもしれません。

日本人観光客向けツアーガイド

日本語のみでもできる仕事

ということで候補に挙がるのが

日本人観光客向けの

ツアーガイドです。

フィリピンから帰国する前に

最後の思い出にと

観光ツアーに参加したことがありますが、

その時のツアーでは

参加客は全員日本人だったので

ツアーガイドさんも日本人が

日本語で案内してくれました。

また、

オーストラリアでダイビングをした時も

インストラクターの日本人が

日本語で教えてくれました。

ただ、

それでも

ツアーに同行するスタッフは

現地の人であったり

日本系の会社主催ではなく

現地のツアー会社に特別に

日本人スタッフがいるという場合も

あるようです。

その場合はほかの

外国人スタッフとコミュニケーションをとったり

仕事で必要な会話をする上では

ある程度の語学力が必要になってくるかもしれません。

スポンサードリンク

海外にいながら日本円で給与を得る

私は海外生活を送る中で、

現地に持ち込んだお金と

現地で稼いだお金の他に、

日本の銀行口座から

直接海外のATMでお金を

出金して使っていました。

国際キャッシュカード

というものを利用することで

日本の口座から現地通貨で

引き出すことができたので、

大きなお金を持ちたくなく

両替は面倒という私には

おすすめの方法だったわけです。

(ただ私が使っていた新生銀行は国際キャッシュカードサービスは終了したとのこと。…残念!)

なので、

日本にある口座から

簡単に引き出すことができるのであれば

何も現地でお仕事をしなくても

日本円で給料を得ることができれば

いいんじゃん!

このように考えた事もありました。

というのも、

⇒淡い期待が崩れ去った私のワーホリ失敗談

の中でもお伝えしましたが、

私はオーストラリアでの

ワーホリ期間中に

お仕事探しに大変苦労しました。

渡豪後すぐに仕事が見つかるものだと

軽く考えていた私は、

現地での就活に疲れ果てた結果

先ほどの考えに行きついたというわけです。

ただ、

海外に居ながらにして

日本円で給与を得るなんて

どんな裏技を使えば

そんなことが可能になるのだ…?

そのように思っている方も

いるでしょう。

仕事が見つからず

この先の生活に不安を感じていた

当時の私も同じです。

しかし、

IT技術が発達した現代では

パソコンとインターネット環境さえ

整っていれば

なんだってできちゃうのです。

海外に居ながらにして

日本の仕事をオンライン経由で

することも可能です。

例えばクラウドソーシング

最近では利用している方も

多いかもしれませんが、

CrowdWorks などの

オンラインお仕事マッチングサイトを

利用することで、

在宅でできるお仕事を

ゲットすることができます。

ただ、

ちらっとどんな仕事があるのかを

見ていただくとわかると思いますが、

これといって

特別なスキルを持っていない人が

簡単にできる仕事というと、

アンケート記入や

ライティングのお仕事になってきます。

このようなお仕事は

簡単に請け負うことができる反面

給料がとてつもなく低く設定されています。

なので、

簡単にできるけれども

仕事をこなすには

ある程度は時間がかかってしまうため、

時給換算すると

やる気をなくします。

ただ、

オーストラリアで

うまく仕事を得られなかった私は

クラウドソーシングを利用して

2週間で5000円ほどの

収益を得ることができました。

1日500円以上を目標に

2時間ほど作業をしていたのですが、

1日に500円稼ぐことができれば

1カ月で1万円のお小遣いを得ることができます。

なので、

はじめのうちは

クラウドソーシングのみで

生活費を全部まかなうというのは

少々厳しいかもしれませんが、

ちょっと贅沢するための

お小遣いにするにはちょどいいかもしれません。

また、

今の時代だと

パソコン一つで世界中を回りながら

お仕事をしたり

先ほど紹介した

クラウドソーシングサイトを利用して

フリーランスとしてお仕事を請け負っている

という方もいるようなので、

フリーランスやノマドの第一歩としては

おすすめです。

▼日本最大級のクラウドソーシングサイト▼

資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

まとめ

今日は英語が話せなくても

海外移住先で仕事を得る方法ということで

日本語のみでもできそうな仕事を

お伝えしました。

日本食レストランのキッチンや

コールセンターといった日系企業は

比較的見つけやすい案件だと思います。

また、

海外で生活してみたいという方は

今のうちにクラウドソーシングを

利用してみるのもいいかもしれませんね。

はじめは単価が低い

ライティング業務も

継続しているうちに

仕事の評価が上がり

報酬が上がっていくということを

聞いたこともあります。

私も比較的単価の高い

案件をゲットすべく、

Webデザインのスキルを身につけるため

奮闘中です。

オンラインでお仕事ができるようになれば

海外での生活はもちろんのこと、

日本での生活も

だいぶ楽になると思うので

試行錯誤をして今後につなげていけたらと

思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする