東京の公園でおすすめしたい代々木公園のお散歩日記

東京といったら
高層ビルが立ち並ぶ大都会
というイメージをお持ちの方も
多いと思います。
今でこそ一東京都民として
都内在住者になった私ですが、
地方の田舎に住んでいたときには
東京はビルがあるところ
という絶対的なイメージを持っていました。
しかし、
東京に住んでみると
以外にも多く見かけるのが
都会の中心にも関わらず
緑の木々が生い茂った大きな公園です。
地方に住んでいるときは
公園に行かなくても家の周りが森林公園
みたいな状態でしたから、
森や林があっても特に
特別な感情は抱きませんでした。
しかしここ最近では、
こういった公園の
自然あふれる光景というのは、
 大都会の生活で疲れた心を癒してくれる
 貴重な存在になっています。
そこで今回は
都内の公園の中でも知名度抜群!
そして一度は行ってみたいと思ってる人も
きっといるはず (笑)の
代々木公園について、
実際に私がいってみたときの
感想を交えてご紹介したいと思います。

都会の癒し!代々木公園の魅力

まず、
私がはじめて代々木公園に訪れたのは
 東京に住む前のことで、
東京でのちょっとした用事の合間に
持参したお弁当を食べようと思い、
代々木公園へ行きました。
その当時、
名前は聞いたことがあったけど
どんな公園なのかも知らずに訪れました。
というより、
そもそも代々木公園に
最初から行く予定ではなかったのですが、
原宿 をぶらぶらと歩いていたときに
「代々木公園はこっち」的な
標識を見つけて、
「おぉ ~、あの有名な代々木公園が
私のすぐ近くにあるのか。
せっかくだからそこで弁当でも食べるか」
こんな感じのノリで
代々木公園を訪れたわけです。
当時の私は 時給825円で働いていたため
当然東京に来たからといって
流行りのパンケーキショップで
1500円以上するパンケーキを
食べることもできませんし、
おしゃれなカフェで
ランチする勇気も田舎者の私には
到底ありませんでした。
そんな私を快く受け入れてくれたのが
代々木公園だったのです。

ピクニックには最適な公園

公園内をうろうろ徘徊し
落ち着けそうな場所を探していると
意外にも空いているベンチが
たくさんあるのです。
私のイメージだと
人口1000万弱の大都会の公園ですから、
ランチタイムには座れる場所を確保すべく
ベンチ争奪戦が起こるだろうと予測していましたが、
そんな心配をよそに十分な数の長椅子や
テーブルつきベンチが設置されていました。
そのためはじめて訪れた公園でも
無事にランチ場所を確保することが出来たのです。

代々木公園のいいところ

そして私はお金をかけずに
なおかつゆっくりと
昼食をとることに成功したのですが、
持参したおにぎりを食べているときに
あることに気づきました。
それは、
 よく外でお弁当を食べるときにありがちな
「な、なんか人に見られてるようで落ち着かない…」
というような
そわそわとした感情がないということです。
確かに人はたくさんいるのですが、
公園自体が巨大なため
人がいい具合に公園内に分散しているので
他の来園者ともほどよい距離感を
保つことができます。
また、
公園のお散歩コースの歩道に面した
ベンチもあれば、
公園の緑地内にも
椅子は設けられているため、
自分が落ち着く場所を見つけるのも容易です。
せっかくピクニック日和の
晴天に恵まれていたとしても、
落ち着かない気分で食事をとったのでは
外で食べるお弁当の良さが
半減してしまいますから、
こういった部分というのは
公園選びではポイントではないでしょうか。
なので、
 家族連れで訪れるのはもちろん、
お一人様でも
気兼ねなく余暇を楽しむことが
できる公園としておすすめです。

公衆トイレもたくさんある

そして、
私が公園内を歩いていて
気付いたことがもう一つ、
トイレも結構たくさんある
ということです。
公園などの野外で遊んだり
ピクニックや運動をするときって
なかなかトイレが近くにない
という場合もあったりしますが、
代々木公園の中を歩いてみると
いたるところにトイレがあるな
という印象を持ちました。
そのため敷地内は広いですが
比較的どの場所からもトイレを
探すのは難しくはないと思います。
これで安心して
ウォーキングやお散歩、
野外の活動にも専念できる
のではないでしょうか。

まとめ

今回は都会の公園ということで
代々木公園についてお伝えしました。
代々木公園は
駅からも近い場所に位置しているので、
買い物ついでや
ふらりとちょっと癒されに
立ち寄るには非常に行きやすい
公園だと思います。
また、
野外イベントなども開催されている
ことが結構あるようなので
緑が恋しくなった時に
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする