【体験レポ!】東京コーヒーフェスティバル2018はどうだった?!

 
 
 
 
9月29 、30日の2日間で行われる
東京コーヒーフェスティバル。
 
 
日本各地、
 
そして海外からも
コーヒー専門店が出店するとあって
 
毎回大盛況のコーヒーイベントです。
 
 
私もコーヒー好きの端くれとして
フェスに参加してきたので、
 
今回はその時の様子を
レポートします!
 
 
スポンサードリンク




 
 

東京コーヒーフェスティバルはどんなイベント?

 
 
 
 東京コーヒーフェスティバルは、
 
 
2015年にスタートした
国内最大級規模のコーヒーフェスティバルです。
 
 
開催場所はというと、
 
地下鉄表参道駅から徒歩7分、
 
JR渋谷駅からは
徒歩10分ほどのところにある
国際連合大学の中庭です。
 
 
毎週末行われているという
ファーマーズマーケットと共に
開催されていました。
 
 
両日合わせて
40店舗以上のコーヒー専門店のほか、
 
ジェラート屋さん、雑貨屋さん、
 
そしてコーヒーと一緒に食べたい
チョコレートやお菓子、ベーグル屋さんが
一堂に会しているとあって、
 
雨にも関わらず
大勢の人が訪れていました。
 
 
 
 

イベントの入場料は?

 
イベントに参加するにあたって
特に入場料はかかりませんでした。
 
 
会場に着いたら店舗が
出店しているイベントスペースを
自由に見てまわることができます。
 
 
ただ、
 
 
コーヒーフェスティバルでは
飲み比べができるコインとマグカップを
販売しており、
 
お得に色々な種類のコーヒーを
飲み比べたいという場合は、
 
会場に設置されている
購入ブースでマグカップとコインを
購入する必要があります。
 
 
この飲み比べですが、
 
若手デザイナーがデザインした
イベントオリジナルの小さめマグカップと、
 
飲み比べ4杯分がついて
1500円で購入することができます。
 
 
(※ちなみに私のように
飲み比べセットは購入せずに
一杯集中型でコーヒーをいただくこともできます。)
 
 
 
 

イベントの混雑具合

 
 
この日は台風の接近に伴って
午後から本降りの雨という
予報だったので、
 
 
なるべく早めの参戦になりました。
 
 
イベント開催時間が
11:00~17:00だったため、
 
開始時間に合うように急いで
会場へ向かいましたが、
 
私が到着した11:30頃にはすでに
大勢の人でごったがえしていました。
 
 
特に、
 
 
イベント会場入り口付近の
飲み比べマグカップの
購入テントには、
 
長打の列ができていました。
 
 
マグカップは
数量限定ということで、
 
 
おしゃれマグと共に
美味しいコーヒーをいただきたい
という人で大盛況だったのでしょう。
 
 
 
そして、
 
 
会場に足を踏み入れてみても、
 
12時を回る頃には
人気店には大勢の人が列をなしており、
 
イベントの大盛況ぶりが
うかがえました。
 
 
 

出店店舗

 
 
 
2日間行われるイベントへは、
 
両日共に出店する店舗と
どちらか一方だけに出店の店舗があります。
 
 
今回イベントに出店した
コーヒー専門店は、
 
宮城県や岩手県といった東北地方から
福岡、鹿児島、沖縄など、
 
日本各地のコーヒーショップが
自慢のコーヒーを手に東京へやってきました。
 
 
また、
 
日本だけではなく
アメリカや台湾、スウェーデンなど
海外からのお店も出店しており、
 
 
どのお店も
こだわりのコーヒーを
提供しているとあって、
 
飲み比べマグカップを持った人で
賑わいを見せていました。
 
 
スポンサードリンク




 
 
 

注目ポイント

 
 
このイベントは
コーヒーについてもっと知る
ことができる要素が盛りだくさんです。
 
 
各店舗を回ってみても
コーヒーショップの店員さん
というよりは、
 
コーヒー職人とも言えるべき
方々の手によって、
 
目の前で丁寧にドリップされた
コーヒーをいただくことができます。
 
 
また、
 
海外にある自家農園で
栽培されたコーヒー豆を使用している店舗や、
 
 
国内で生産された
コーヒーの果実、花、葉っぱなど
コーヒーの木をそのままお茶にして
提供している店舗など
 
実際にお店の人から
お話を聞きながらコーヒーを
いただくことができるので、
 
より一層味わい深いコーヒーを
飲むことができます。
 
 
 
そんな中で
今回私がいただいたのは
 
石臼でコーヒー豆をひいている
というお店のコーヒーです。
 
 
 

 
 
コーヒーというと
機械で豆を引くものだと
思っていたので、
 
「石臼?!」ということで
思わず購入してしまいました。
 
 
 
飲んでみると
 
いかにも
「コーヒーを飲んでいる!!」という
ガツンと来る苦みというのは
そこまで強くなく、
 
 
それでいて
カップのふたをとると
コーヒーのいい香りは
しっかりと香ってくるので、
 
非常に飲みやすく
ほっとできる一杯でした。
 
 
会場ではコーヒーができるまでの
裏側を知ることができるのも
 
フェスならではの魅力です。
 
 
 
 

コーヒーのお供も充実

 
 
コーヒーを飲むにあたって
外せないのがスイーツなどの
甘いものですよね!!
 
 
イベント会場には
コーヒーショップの他にも
各地から集まってきた
 
こだわりのスイーツや
チョコレートを提供する
お店の出店もありました。
 
 
その中で私は、
 
乳製品や卵など、
 
動物性原料不使用の
マフィンを購入しました。
 
 
そして、
 
ファーマーズマーケットの方にも
おいしそうなマクロビスイーツのお店があったので、
 
 
そちらでも米粉のパウンドケーキを購入!
 
 
 
会場では
パウンドケーキとコーヒーを
一緒にいただきました。
 
 
米粉ならではの
もちもちとした食感に
生地に練り込まれた抹茶の風味が絶妙で、
 
おいしいコーヒーと共に
なんとも贅沢な一時を過ごすことができました。
 
 
 

コーヒーフェスティバルはこだわりのお店がいっぱいだった

 
 
今回初めて参加した
東京コーヒーフェスティバルでしたが、
 
会場にあるどれもが
それぞれにこだわりを感じられる
ものでした。
 
 
一つの場所に
これほどたくさんのコーヒー店が
集まる事なんてめったにないので、
 
コーヒー好きの方は
ぜひ次回以降のコーヒーフェスティバルの
情報をチェックしてみてくださいね!
 
スポンサードリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする