新宿でレトロな喫茶店を探してるならここがおすすめ!椿屋珈琲

 
仕事や 学校・ショッピングなどで
新宿を利用する人は
本当に多いと思います。
(なぜかというと新宿の人の多さは半端ないから…)
 
 
でも、
 
その人の多さ故に
落ち着いてゆっくりできるカフェや
喫茶店を探そうと思っても、
 
なかなか見つけられないのが
悩みの種という人もいるのではないでしょうか?
 
 
カフェへ入ってはみたけど
満席で待たなければならない、
 
席は空いてたけど
隣の人との間が狭くて
ゆっくりできない…
 
 
私もこれまでに何度もありました。
 
 
 
そこで今回は、
 
カフェ探しで困ることがないよう
落ち着いてゆったりとできる喫茶店
についてご紹介したいと思うので
 
どうぞご覧ください!!
 
 
 スポンサードリンク




 

 新宿でおすすめの落ち着くレトロ喫茶店

 
最近では ショッピングの
休憩タイムや
 
仕事前の朝の一杯をいただく
というときに、
 
 
「カフェへ行こう」
そうなると思います。
 
 
その代わり「喫茶店」
という言葉はあまり
使われなくなったように感じますが、
 
 
今回ご紹介するのは
欧風なおしゃれな雰囲気の漂う
カフェではなくて、
 
 
どちらかというと
昔からあるような雰囲気を漂わせ、
 
まさに”喫茶店”
という言葉の方が似合う、
 
レトロな空間のお店になります。
 
 
それはどこかというと
椿屋珈琲さんです。
 
 
 

椿屋珈琲ひがし離れ

 
こちらのお店は
椿屋珈琲店、椿屋カフェ、椿屋茶房
として首都圏を中心とした各所に
展開している、
 
ちょっと上質なカフェになります。
(いや、ちょっとじゃない、かなり上質!!)
 
 
こちらのカフェは
何が他と違うのかというと、
 
 
値段設定はもちろん違いますが
お店へ入った雰囲気や、
 
サービスなんかも全然普通のカフェとは違うんです!!
 
 
 

お店の雰囲気

 
では、
 
椿屋珈琲とはいかなるものか!
ということについて
お伝えしていきたいと思います。
 
 
最初は雰囲気です。
 
 
お店に入ってまず感じるのは
落ち着いた大人な空間がそこには
広がっているということ。
 
 
全体的に照明は控えめで
店内は大正浪漫を思わせる
インテリアで統一されています。
 
 
私が座ったすぐ横には
何でも鑑定団に出てきそうな
品のいいコーヒーカップや手鏡といった
和洋折衷の装飾品が、
 
ひっそりと、だけども
存在感を放って飾られています。
 
 
また、
 
席と席の間もそんなに窮屈ではない
というのものんびりするには
必須条件ではないでしょうか。
 
 スポンサードリンク




 

自慢のコーヒーに癒される

 
そして、
 
 
こちらの自慢といったら
なんと言ってもサイフォン式で
淹れられたコーヒーではないでしょうか。
 
 
サイフォン式というのは
ドリップコーヒーのように
上からお湯を注ぐのではなくて、
 
フラスコのような器具を使用して
気圧の変化を利用したコーヒーの抽出方法です。
 
 
なんだかこれだけでもわくわくしてしまいますね。
 
 
今回私はその自慢のコーヒーである
椿屋ブレンドを注文しました。
 
 
そして 注文後ほどなくすると
 
プロの手によって淹れられたコーヒーを
メイドさんが運んできてくれます。
 
 
 

 
 
 
目の前に置かれていた
カップを手にとって
コーヒーサイフォンから
出来立てのコーヒーが注がれる様子は、
 
まさにはじめて目にする光景でした。
 
 
私はサイフォン式のコーヒーを
この度はじめて頂いたのですが、
 
事前の予習によると
何でもドリップ式コーヒーよりも
香りがよくなるのだとか。
 
 
普段コンビニコーヒーしか
飲まない私は胸を弾ませ
最初の一口をすすります。
 
 
ここ最近のコンビニコーヒーの
快進撃は凄まじく、
 
別にコーヒーは
セブンカフェさえ存在してくれれば
私は十分です、
 
 
そう思っていましたが、
 
 
何と言うのでしょうか…。
 
やっぱり手間隙かけて抽出された
コーヒーというのは、
 
口のなかに広がる香りがたまりません。
 
 
一気に雰囲気だけではなく
味覚・視覚・嗅覚からも
大正時代へとタイムスリップしたような感じです。
 
 
それでいて
ブラックでも十分いただけるくらいの
程よい苦味が、
 
まさに上品な喫茶店感を
演出してくれます。
 
 

サービスと雰囲気でお値段以上に

 
 
こちらの椿屋さん、
 
正直他のカフェチェーンに比べると
圧倒的にお値段は高くなってしまいます。
 
 
しかしながら、
 
 
非日常的な空間を味わいつつ
上質なサービスとゆったりと流れる
空気の中で過ごせることも考えれば、
 
 
決して高くはないかもしれない…
そう思わせてくれます。
 
 
私は仕事をしていると、
 
こんな生活は嫌だ…!と、
 
現実逃避したくなります。
 
 
そうなってくると考えるのが
南の国へのバカンスや、
 
 
様々な ファンシーキャラクターが
出迎えてくれる夢の国(ディズ〇ーランド)
へ行くということ。
 
 
しかし、
 
とっくにアラサーに
突入している私にとっては
余計な体力を使わず、
 
1000円程度で味わえる
非日常の方が合っているのかもしれません。
 
 
 
【詳細情報】
場所:東京都新宿区新宿3-21-9 新宿ダッキープラザビル 1F・B1F
営業時間
月~金 9:30~翌7:00
土 9:00~翌7:00
日、祝日 9:00~23:00
電話:03-5312-7541
 
 
 スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする