純和風なベジタリアン飯 ダイエットにもおすすめ!すいとんレシピ

コラム

 

寒くなってくると

無性に食べたくなるのが

 

野菜たっぷりの汁に入った

もっちりとしたすいとんです。

 

 

小学校のころから

給食のおなじみのメニュー

としてよく食べていました。

 

 

素朴なんだけど、

 

「今日の給食はすいとんだ!」

 

っていうとテンションが上がってました。

 

 

ちょうど先日ラジオ番組を聞いていたところ、

 

すいとんが取り上げられていて

 

「そういえば最近すいとん食べてない」

と思い、

 

急にすいとんが恋しくなり

自分で作ってみることに。

 

 

そこで今回は

すいとんの作り方

 

そしてすいとんの

美容メリットについてお伝えします。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

すいとんの正しい作り方

 

今回私はレシピを見ずに

自己流で作ってしまったため、

 

まずはすいとんの正しい作り方を

おさらいしてみたいと思います。

 

 

▼おすすめ記事▼

忙しいママにもおすすめ!無添加食品も豊富のオーガニック野菜通販の2トップ

 

 

すいとんの汁

 

まずはすいとんの汁を作っていきます。

 

すいとんの汁については

今回私が自己流で作ったものが

割とおいしかったので

そのままご紹介したいと思います。

 

 

といっても基本は

好きな野菜を好きな味付けで

ぐつぐつと煮込むだけなのですが(笑)

 

 

【材料】

ー野菜ー

  • キャベツ
  • 白菜
  • ニンジン
  • 大根
  • じゃがいも
  • しめじ
  • 生姜

ーその他調味料ー

  • 味噌 大さじ1
  • 醤油 大さじ1/2
  • みりん 大さじ1
  • お好きなだし

 

しめじとキャベツは

ぐつぐつと煮込む前に

 

軽く油でいためたほうが

風味が増すような気がするので、

(特にしめじ!)

 

私は煮込む前に炒めました。

 

 

ただ、

 

炒めてから煮込むのは面倒だ!

という場合は

 

はじめから全具材・調味料と

水を鍋に投入し、

 

ふたをしてぐつぐつ煮込んでしまっても

いいと思います。

 

 

 

すいとんの生地

野菜を煮込んでいる間に

すいとんの生地を作っていきます。

 

すいとんの生地にはいくつか作り方があります。

 

  1. 小麦粉のみ
  2. 小麦粉+片栗粉
  3. 米粉+片栗粉

 

小麦粉のみの場合、

 

小麦粉に水を加えて

耳たぶくらいの固さになるまで

よくこねたら出来上がり。

 

 

簡単ですね!

 

 

ちなみにこの時の水の量は

小麦粉50g当たり

大さじ2程度でいいようです。

 

 

続いて2番の小麦粉と片栗粉を

混ぜて作るというレシピと

3番の米粉と片栗粉を混ぜるというもの。

 

 

こちらに関してはおおよそ

小麦粉 or 米粉:片栗粉=3:1

くらいの割合で作れるようです。

 

 

 

小麦粉と米粉、

お好きなほうで生地を作り、

 

よくこねたら

野菜を煮込んでいる汁に

 

食べやすい大きさに

すいとんをちぎり入れていきます。

 

 

そして

すいとんが浮き上がるまで

5分ほど煮込んだら完成です!!

 

 

▼おすすめ記事▼

煮込み料理をさらにおいしくしてくれる有機野菜の便利宅配サービスはここだ!!

 

 

由紀子の我流すいとんレシピ

 

今回改めて

正しいすいとんの作り方を

調べてみたのも、

 

自分で作った時には

「とにかく腹が減った、今食べたい!!」

ってことで、

 

レシピを調べずに適当に作りました。

 

 

なので、

 

遠い昔、給食で食べた

すいとんを思い出し、

 

適当に作ったわけです。

 

 

そのため

若干すいとんの生地が柔らか過ぎたり

弾力が出過ぎてしまいました。

 

 

その時の私のすいとんというのが、

 

餅粉100%のもの。

 

 

普段あまり買うことのない餅粉が

たまたま家にあったため、

 

「これはいけるのでは?」

 

と思い、

 

餅粉に水を加え

こねこねして汁にドボン。

 

 

そのまま煮込みます。

 

 

肝心のお味はというと、

 

さすが餅粉だけあって

もちもち感は十分あり

なかなかおいしい出来栄え。

 

 

ただ、

 

水分量が多かったのか

餅粉の特性なのかはわかりませんが、

 

煮込むと若干周りが

トロリととろけてしまう感じで、

 

昔食べたすいとんのイメージとは

少し異なっていました。

 

 

餅粉の他にも

米粉100%のものと片栗粉+豆腐でも

作ってみました。

 

 

米粉100%の場合

結構素朴な仕上がりになり、

 

味的にはどんど焼きで焼いていた

団子のような食感と味に近かったです。

 

 

結構分厚く作ってしまったので

もう少し薄く伸ばして作ればよかったかな~

なんて思っています。

 

 

そしてヘルシーさを追求し、

 

生地のかさ増しのために

豆腐を使ったレシピでは、

 

なぜか弾力MAXに…!

 

 

片栗粉大さじ4~5くらいに対し、

 

3パックセットで売られている

絹ごし豆腐の使い切りパックを

1/2丁使い、水は加えずに作ったのですが、

 

豆腐に対して片栗粉の割合が

多かったのかな~と

 

少々惜しい結果に…。

 

 

なので、

 

今度作る際は

使い切りパックの豆腐を

丸々1丁入れてしまってもいいかも!

と思っています。

 

 

もしくは

レシピにあった通り

 

米粉と片栗粉を3:1の割合で

混ぜて作るレシピにも

トライしてみようと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

すいとんの美容効果

 

さてさて、

 

すいとんのレシピを見ていただいても

わかる通り、

 

すごく簡単にできる

冬の定番メニューです。

 

 

なので、

 

これから食べる機会も

多くなってくると思いますが、

 

もう一つ

すいとんがより食べたくなる

うれしいメリットというのがあります。

 

 

今回私は

すいとん汁の味付けに

味噌を加えました。

 

 

すいとんの汁を作る場合には

味噌味と醤油味の2択になると思いますが、

 

もし作るのであれば

味噌味がおすすめです。

 

 

必見!日本の伝統食材○○の驚くべき美容効果とは?!

の中でもご紹介しましたが、

 

なんと味噌には

美肌に導いてくれる効果がある

というのです!!

 

 

普段味噌を使う機会といったら

みそ汁もしくは、

 

きゅうりスティックに味噌をつけて食べること

くらいしか思い当たりませんが、

 

すいとんも立派な味噌料理

としていただくことができます。

 

 

また、

 

たっぷりの野菜と共に

煮込むことで、

 

ボリューム満点なのに

カロリー控えめ

 

しかも

栄養バランスの整った食事

とることができるので、

 

ダイエット中の方にも

おすすめです。

 

 

 

まとめ

 

今回はすいとんの作り方と

美容効果についてお伝えしました。

 

 

作ってみると

結構簡単にできますし、

 

短時間でパパっと

作ることもできるので、

 

休日のお昼ご飯なんかにおすすめです!

 

 

すいとんの作り方にも

色々あるので、

 

色々試してみて

ご自分の好きなレシピを

見つけて、

 

もちもちのすいとんと共に

栄養チャージしましょう!!

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました