だからやめられない!街歩きという趣味は冒険みたいなもの

 
最近では”街歩き”というのが
一つの趣味や娯楽として
確立されつつあるように思います。
 
 
街をぶらぶらと
目的を決めないで歩きながら
偶然の出会いを見つけたり
 
知らない街の散歩や
旅の途中に立ち寄ったりしながら
その土地ならではのものを探していく
というジャンルの番組も
結構人気があるようです。
 
 
私自身、
 
休みの日には
どこか目当ての場所があるわけでもなく、
 
大体のエリアだけ決めて
行き慣れていない街を
ぶらりと歩いたりすることがあります。
 
 
そうやって街歩きをしていくと
意外にもいろいろな魅力がある
ということに気づきました。
 
 
そこで今回は
趣味としての街歩きの魅力について
ご紹介していきたいと思います。
 
 
 

街歩きの魅力

 
まず街歩きの魅力ですが、
 
私が思うに
歩いて街を散策していると
ゆっくりと通りを歩くことができるので、
 
色々な発見ができるということです。
 
 
例えば
車や電車、バスなどでスッと
通り過ぎてしまうとわからないような
小さく看板を出しているお店に
歩いていると気づくことができます。
 
 
それによって
隠れ家のようなお店を発見できたり
自分のお気に入りとなる居場所を
見つけることもできるわけです。
 
 
なので、
 
ここ最近では
休みの日にゆっくりとカフェで
過ごしたいなと思って訪れるお店のほとんどは、
 
 
ガイドブックやインターネットを使って
見つけたものではなく、
 
街歩きをしている中で
見つけたお店に行くことが多いです。
 
 
だから、
 
わたしにとって
”街歩き”という趣味は
小さな冒険をしているような感じです。
 
 
 

街歩きにはお金がかからない

 
休みの日に特にすることがない、
 
何もしないでテレビをぼーっと
眺めていたらあっという間に夕方になっていた、
 
 
こういうことって
わりと休日にありがちなことだと思います。
 
 
私も何年か前までは
そんな感じで
無駄に休みの日を過ごしてしまったな~
と後悔することが多かったんですよね。
 
 
でも、
 
せっかくの休みを
無駄にしてしまうのは嫌だったので、
 
特に予定や行きたい場所はないけど
外に出よう!と思って始めたのが
街を歩いてみることです。
 
 
なぜ休みの日の過ごし方に
街歩きを選んだかというと、
 
お金がかからない
というのが一番のポイントです。
 
 
暇なのは嫌だけど、
 
無駄に外出してお金を使うのも嫌だ!
 
そう思っていました。
 
 
お金を使わない
休日の過ごし方には、
 
図書館へ行ったり
運動をするなど、
 
他にもいろいろな過ごし方がありますが、
 
 
私には街中を散策する
というのが合っていました。
 
 
一つのところにじっとしているのが
嫌なタイプの私は、
 
図書館で本を読んでいるのよりも
街を散歩しているほうが楽しいと
感じられました。
 
 
また、
 
一時期休日の日の午後は
ジョギングをしたり
ジムへ通ったりしたこともありましたが、
 
 
しんどいことをするのも苦手だったため、
 
結局緩く続けられる趣味として
生き残ったのが
街歩きだったのです。
 
 
たまに気になるお店を見つけて
立ち寄ってみたくなることもありますが、
 
見つけたその日にいきなり
訪問するということは
よっぽどオープンなお店でない限り
ありません。
 
 
たいていの場合は
数週間とか
ある一定の期間を置いて
 
訪れてみる
ということがほとんどなので、
 
街中散策をしていて
お金がかかるとしたら
電車代くらいでしょうか。
 
 
 

東京は絶好の街歩きタウン

 
私は以前、
 
とある地方の街に住んでいました。
 
 
公共交通機関が発達している
都市部を除くと、
 
たいていの場所では
車での移動が必須となっています。
 
 
そのため、
 
地方に住んでいた時には
街を歩いて散策する
ということはしていませんでした。
 
 
東京に移り住んでからは、
 
 
駅周辺に発達した商店街や
駅から離れている場所でも
大通りから少し外れた路地にまで
お店があったりと、
 
今までの環境とは
全く違った街並みを感じることになりました。
 
 
東京という大都市では
少し歩いただけでも
お店を発見することができますし
 
店の数もたくさんあるため
散策していて飽きない
というのを感じます。
 
 
 
飽きないというのは
趣味として続けるには結構大事で、
 
常に刺激を受けているという感覚になります。
 
 
見知らぬ街の風景や
ちょっと立ち寄ってみたくなるような
素敵なお店を発見するということは、
 
私にとって
わくわくすることですし
刺激にもなることです。
 
 
だから、
 
 
はじめは今まで過ごしてきた環境と
全く違う町での生活は不安もありましたが、
 
今では街を歩いて
気になるものを探すという趣味が見つかったため、
 
 
この街での生活が
楽しくなったように思います。
 
 
また、
 
降りる駅によっても
街並みというのは全然変わってきます。
 
 
ビルが立ち並ぶオフィス街のエリアもあれば
住宅街が近くにあるので
駅前は商店街が広がっているエリアもある、
 
昔からの街並みがそのまま残った
下町の雰囲気を残した街もある。
 
 
こんな感じで
いろいろな街並みを楽しむことができる
というのも、
 
東京は街歩きに
適した街であると思う理由の一つです。
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする