なぜか今日も食べ過ぎてしまう…やめたいのにやめられない理由は

食べる量はほどほどに

抑えたいと思っていても、

いざ食べ始めると

食べるのをやめられなくなってしまう…

それが私の最近の悩みです。

満腹のちょっと手前で

食べるのをやめられたらうれしいな~…

と思っても、

食べ過ぎて苦しくなってしまう日の方が

圧倒的に多数を占めています。

食べ過ぎてしまった後、

当然のことながら

後悔するわけですが、

昨日の晩もパスタやお菓子など

たくさん食べてしまったせいで

苦しさと罪悪感と戦ったので、

今日は食べ過ぎについて

綴っていこうかと思います。

スポンサードリンク




食べ過ぎてしまう…原因はストレス?

たくさん食べてしまう原因として

候補に挙がってくるものに

ストレスがあります。

自分を振り返ってみても

イライラしたりストレスを抱えているときというのは、

甘いものや

せんべいのような

歯ごたえのあるものを

無性に食べたくなります。

食べ過ぎてしまった昨日は

ストレスを感じることがあったかというと、

明らかに

強いストレスを感じていました。

ここ最近4か月間

ニート生活を送っていた私は、

そろそろ生活費を稼がないとヤバい…

ということで

お仕事を始めることになり

昨日は研修の日でした。

4カ月という長い期間

誰にも干渉されない

マイペースな生活を送っていた私は、

久々に感じる

ピリッとした仕事の雰囲気と緊張感、

そして、

イミフともいえる妙な会社の決まり事

(例えば挨拶。職場に入るとき、休憩に行くとき、帰るときなどそれぞれのシチュエーションに合わせて言わなければならない挨拶が決まっていてマニュアルにこう言えと書かれている。挨拶くらい自由にさせてくれ…と思って適当にやると社員からやり直しの合図がかかる。その他諸々…)

など、自分が思った以上に

ストレスを感じていたようで、

仕事をしているときから

「帰ったら何を食ってやろうか…」

「普段は手を付けないクリームパンを解禁してしまおうか…」

そのようなことばかり考えていました。

▼併せて読みたい▼

⇒ストレスに負けない!メンタルヘルスが大切な理由とセルフケア方法

食べ過ぎた日 私の場合

では、

私が食べ過ぎてしまう日というのが

どんなものなのかを

つらつらとお伝えしていきたいと思います。

私の場合、

食べ過ぎてしまうタイミング

というのは、

ほとんどがです。

朝や昼などにたくさん食べてしまう

ということはほとんどないですし、

常に間食を食べてしまう

ということもありません。

ただ、

晩御飯を食べると

かなりの確率で

お腹が苦しくなるまで

食べ過ぎてしまいます。

どんなものを食べるのかというと、

私の場合は

カロリーの高い菓子パンや

揚げ物の入った弁当などは

あまり、というか全く食べません。

このブログ内でもお伝えしていますが、

ベジタリアン生活を送っているため

食事内容には気を使っているわけです。

(健康には気を使っているが食欲は抑えられない…)

普段の主な夕食メニューは

山盛りサラダ

主食(ごはんorそうめんorパスタ)

となっています。

夕食を作るとき、

「お腹いっぱいにならなかったらどうしよう…」

そのような不安から、

メニューには

スープパスタ、カレー、煮込みそうめん、

具沢山味噌汁など、

満腹感を満たすような

汁系のものが登場する確率が

結構高いです。

なのでこのような食事メニューを食べると

サラダとメインを食べ終わった時点でお腹は既に満腹状態。

…なのですが、

なぜか食べ終わった後に箸を置き

一呼吸すると

「…まだなんか食べたいな…」

このように私の脳は考えてしまうわけです。

▼関連記事▼

⇒食欲を抑えてくれる?スーパーフード カカオニブの健康&美容効果

食後のおやつタイムが始まる

というわけで

次に食べるのがシリアルです。

朝食の定番であるシリアルが

私の食卓では

夕食後のデザートとして登場します。

その理由は、

シリアルって何となく

体に優しいイメージがあるじゃないですか。

なので、

食後のデザートとしては

体をいたわりつつ、

しかも普通にお菓子を食べるよりも

満腹感が得られると思って

シリアルを選んでいるわけです。

なので、

シリアルを食後のおやつ

として選んだ当初は、

「これで今日の夕飯は終わりだ…!」

と言わんばかりに

夕食を終えるための最後の一撃的なニュアンスで

食べるようにしていたわけです。

私の定番シリアルメニューは

ちょっと健康志向目線になっており、

使う容器は食べ過ぎ防止のため

湯呑を使います。

(食べ過ぎ防止といっても食事をとり終わった時点ですでに満腹だからシリアルに手を付けた時点で食べ過ぎ防止にはなっていないのだが…)

その湯飲みの中に

オートミールを入れて水分を含ませ

その上に甘みをプラスします。

(キビ砂糖、もしくは味付きグラノーラ)

そしてラスト食材として

プレーンのコーンフレークをまぶして

歯ごたえを演出します。

我慢できるときや

明らかに満腹すぎるときは1回、

まだいけそうだという時は

2ラウンドいきます。

オートミールの食物繊維と

コーンフレークの歯ごたえで

大満足の夕食!

…になるはずなんですが、

私はこれでもまだ満足できません。

というより

まだ何か食べたい…と、

食べ物を脳が欲している

という感じですね。

一番初めに食べる山盛りサラダ、

そして丼にたっぷり盛った

メインディッシュ、

食後のおやつのシリアル

このラインナップを見ると

量的にはそんなに問題視するほどではないですし、

いたって健康的な印象を抱きます。

ただ、

食物繊維と水分をたっぷり含んだ

食事&食後のおやつのため、

お腹はかなり苦しい状態です。

しかし、

それでも食べ過ぎてしまう時は

「食べたい」

という欲求に歯止めをかけることができず、

引き続きおやつタイム続行

というわけです。

やめるタイミングがわからないおやつタイム

シリアル後のおやつには

たいていの場合

せんべいを食べます。

たまに

チョコレートを食べたりもしますが、

ここでも一応は健康に気を使って

(食べ過ぎている時点で健康の意味をなしていないが、あくまで一応…)

クッキーや甘めのチョコ系お菓子

ではなく、

なるべく原材料がシンプルな

せんべいを選ぶようにはしています。

が、

節約のためにと思い、

B級品などの割れてしまった

色々な種類のせんべいが入っている

お徳用パックを買ったとき、

甘い系せんべいと

しょっぱい系せんべいを

交互に食べることで

延々と食べ続けてしまったことがあります。

それを防ごうと

個包装のせんべいや

1種類しか入っていないせんべいを

買うようにしたのですが、

しょっぱいせんべいを食べたのちに

プレーンのコーンフレークで口の中を中和する、

そうしたらお次は

ストックしてある

食べかけのクラッカーや

ポテチを食べる…

(ただ、ポテチをはじめとするスナック菓子は、本当に人間がおいしいと思うように作られているため、スーパーでお菓子選びをするときにはあえておいしすぎるスナック菓子は避けるようにしています。…ここでも気持ち程度の健康志向)

そして、

最後に

ここでやめなければ…

そう思いつつもう一度

プレーンのコーンフレークを

そのままバリバリと頬張り

やっと私の夕食が

終了するという感じです。

せんべい→コーンフレーク

のパターンが1回で終了するときもあれば

何回か繰り返してしまう時もあります。

その回数や食べる量が多くなると

お腹いっぱいを通り越して

苦しくなってしまうというわけなんです。

むちゃ食い障害というものもある

サラダとメイン料理を食べているときは

「やっぱ美味いな」と、

幸せな気分で

食べることができるのですが、

それ以降のおやつタイムでは

そのような幸せな感覚はなく、

むしろ

「食べるのをやめたい、やめなければ…」

そう思いながらも

せんべいやらコーンフレークを

食べ続けてしまう時がほとんどです。

このように

嘔吐を伴わない過食を

”むちゃ食い”と呼ぶそうで、

むちゃ食い障害という名前も

存在しているそうです。

ウィキペディアを見てみると

以下のように書かれています。

むちゃ食い障害(むちゃぐいしょうがい、Binge eating disorder ; BED)とは、過食性障害とも呼ばれる、反復するむちゃ食いエピソードを示す障害である。神経性大食症とは異なり、自己誘発性嘔吐や下剤乱用などの浄化行動を伴わない[1]

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%81%A1%E3%82%83%E9%A3%9F%E3%81%84%E9%9A%9C%E5%AE%B3)

むちゃ食い障害についての

詳しい定義はここでは割愛しますが、

定義を見てみると

自分に当てはまるような、

当てはまらないような…

といったところなので、

問題視するほどのことなのかが

自分でもよくわからない状態です。

それに加えてTV番組などで

取り上げられる過食エピソードなどを見ると

「私の場合はただの食べ過ぎなのか?」

と思ってしまい、

これまで特に対策はとってきませんでした。

ただ、

ネットやSNSの発信を見ることで

むちゃ食いをしてしまい

悩んでいる方が大勢いることを知りました。

また、

自分自身も食べ過ぎた後や

満腹にもかかわらず

お菓子を食べ続けている時、

そして

食べ終わった後は

なんとも言えない後悔を

幾度となく味わってきました。

私は昔から食べることが大好きで、

小学校のころから

誰よりも給食はたくさん食べるタイプの人間でした。

しかし、

大人になるにつれて

”大好きだった食べること”

に対して

自由に食べることはなくなり

色々神経を使わなければならなくなってしまいました。

なかなか自分の状況が

どんなものなのか把握しにくいので

人に相談したりすることもありませんが、

久々にレベルの高い食べ過ぎを

してしまったので

文章に書きあらわしてみることにしました。

摂食に関する悩みというのは

なかなか解決するのが難しいですが、

まずは

”しんどい思いをしている自分”を

認めることからはじめていこうと思います。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする