発達障害の私が短時間の仕事で生きていくために身につけたスキル

働き方

 

私はこれまで

普通にフルタイムの仕事をしてきました。

 

 

工場のパートもしたし

契約社員としても働いた、

 

大都会・東京に移住してきてからは

派遣社員や正社員として

”型にはまって生きること”を余儀なくされ、

 

「こんな窮屈な生活のまま人生終わってくなんて…絶望しかない…」

 

そう思い、

 

今は寿司屋でアルバイトとして

毎日5時間程度働いています。

 

 

▼寿司屋で働くに至った経緯はコチラ▼

⇒海外生活で仕事に困らないためにすべきことは?過去の経験から考えた事

 

 

朝から普通に働いて

お昼の2時か3時頃には仕事を終え

明るいうちに帰れるというのは

 

私の精神衛生上

とても良いことで、

 

以前フルタイムで働いていた時と違い

毎日の仕事に対する憂うつ度合が

全然違います。

 

 

また、

 

発達障害を抱えている私は

普通の人よりも疲れやすいところがあるため、

 

疲労の蓄積を防ぐために

仕事終わりのゆったりとしたティータイムを設けることで

 

その後の心身の疲れ具合が

大きく変わってきます。

 

 

 

時間的にも気持ち的にも

ストレスなくゆったりと過ごせるよう

 

短時間のみ仕事の生活というのは

まさに私にとって最適な働き方なわけです。

 

 

短時間勤務バンザイ!って感じです。

 

 

気分的に楽だが短時間の仕事じゃ生活できない…

ただ、

 

短時間で働くのは

仕事が辛くないという面では

大変すばらしいことですが、

 

その代わりお財布事情が厳しくなります。

 

 

特に私のように

独身単身世帯の人間は

誰かが養ってくれるわけでもなく

 

自分の生活費くらいは

自分で賄わなければならないのです。

 

 

しかも、東京での生活というのは

家を借りるだけでも

莫大なお金(低所得者の私にとっては…)が

毎月勝手になくなっていきます。

 

 

また、

 

「今日は頑張ったからちょっと贅沢したいな~」

と思ったときでも

 

お財布からお金を出すのを

ためらう自分がいます。

 

 

仕事がしんどいのは嫌だけど

ひもじい思いをしながら

生活するのも

 

これはこれで耐えがたいことです。

 

 

私くらいの年代だと、

 

周りの友達を見渡してみれば

働いている子たちは

職場でもそれなりの地位を築き

 

お給料も私なんかの

倍以上もらっているであろうし

 

何となく見ていて華やかです。

 

 

また、

 

結婚して子供の1人や2人いても

おかしくない年ごろなので、

 

結婚し家庭を持って

旦那さんと子供と幸せそうに

暮らしている姿を目にする機会も

多くなりました。

 

 

 

一方私はというと

お金や女としての幸せよりも

精神的自由を選択してきたため

 

トレンドのお洋服や靴、

ブランドのバックを買うこともなく

 

5年ほど前に

友達から2000円で買い取った

コートをいまだに着ていますし

 

前回のクリスマスは

100円がさらに20%オフになっていた

エクレアで聖なる夜を祝いました。

 

 

周りと比べればきりがない、

 

しかし、自分で選んできたことなので

文句も言えないし

勤め人として長時間労働するつもりもない。

 

 

 

じゃあ一体どうするか。

 

 

少し前の私だったら

ちょっと考えて渋々

「やっぱみんなと同じように8時間働かなきゃダメよね…、働かざる者食うべからずって言うし…。」

 

といった思考回路になり、

 

慌ててシフトの延長を交渉したり

セカンドワークを探していたことでしょう。

 

 

しかし今の私は違います。

 

 

気持ち的にも時間的にも

自由が許されない

フルタイムでの生活にはもう戻れません。

 

 

しかし、何とか

クリスマスや誕生日にケーキを買えるくらいの

経済的余裕は欲しいものです。

 

 

そこで私が考えているのは

会社やお店に雇ってもらうという

労働者としての生活は

1日のうちで短時間に抑え、

 

その代わり

自分で稼げる力をつけよう!

ということです。

 

 

それはどういうことかというと、

 

フリーランスとして

働けるようにスキルを身につけようぜ!

ということです。

 

 

フルタイム以外で十分な収入を確保するには?

 

以前、

 

在宅ワーク初心者に書いた

⇒在宅副業で月々1万円の収入を増やすには?

の中でもお伝えしましたが、

 

インターネットが発達した今の時代

クラウドソーシングを利用することで

 

家に居ながらにして

月々1万円くらいの収入源は

比較的簡単に確保することができます。

 

 

ただ、私の場合

 

1万ではなくもう一声、

せめて新卒社員くらいの収入は

得たいと考えているわけです。

 

 

 

となるとどうなってくるか。

 

 

稼ぐためのスキルを身につける必要があります。

 

 

クラウドソーシングで稼ぐためのスキルとは?

まずクラウドソーシングについて

簡単に説明すると、

 

オンライン上の

お仕事マッチングサイトなどを利用して

不特定多数の人に業務を委託する

というもので、

 

それにより

これまでは会社などで人を雇って

お仕事をしてもらっていたものを

 

メールや通話など

オンラインを経由して

お仕事のやり取りをする

 

という方法です。

 

 

そのため、

 

個人事業主の方が依頼主の場合は

オフィスを構える必要もないですし

 

お仕事を請け負う側の人は

わざわざ会社などに出向いて

お仕事をする必要がなく、

 

在宅でお仕事をすることができるのです。

 

 

 

クラウドソーシングの

サービスを展開しているサイトは

たくさんあるのですが、

 

有名どころで言うと

⇒クラウドワークス あたりでしょうか。

 

 

私のように

本業以外にも副業でお仕事を探したい

という人や

 

フリーランスとして

働いていきたいと考えている人は

 

どのようにお仕事をゲットするかというと、

 

クラウドワークスをはじめとする

クラウドソーシングのサイトに

登録することで、

 

ライティングやアンケート記入など

様々なお仕事を請け負うことができます。

 

 

 

こういったサイトで

お仕事を探していると、

 

安いものでは1件10円~、

高くなるとプロジェクトで10万単位のものも

出てきます。

 

 

 

報酬が高いものと安いものでは

一体何が違うのかというと

 

より高いスキルが必要とされるものの方が

得られる収入というのは高くなってきます。

 

 

 

そのため、

 

今後リアル世界での仕事一本ではなく

ネット経由でフリーランスとして働きたいと考えている私は、

 

より高い報酬が得られる案件を

取ってこられるだけの技術を身につけ

自分の希少価値を高める必要があるのです。

 

 

 

初心者が身につけておくといいスキル

では、

 

仕事に役立ち

初心者でも比較的会得しやすいスキルについて

いくつか挙げてみたいと思います。

 

 

【初心者におすすめのスキル】

・HTML/CSS

・Photoshop

・Illustrator

 

 

 

私はかねてから

Webデザインを中心に勉強してきました。

 

 

もとはというとフリーで仕事をしたいなんて

一切考えておらず、

 

どちらかというと転職を成功させ

 

自分が楽しいと思える仕事をしたい

と考えていたからなんです。

 

 

そんな中で上記のような

スキルを身につけていったわけなのですが、

 

こういったWebデザインのスキルを

身につけておくと

 

オンライン経由でも仕事を得やすいですし

お仕事1件当たりの単価も高く設定されています。

 

 

なので

私のように何の特技もない初心者が

フリーとして働くためには

 

グラフィックソフトや

Webデザインについて勉強し

 

お仕事を獲得していくのが

近道だと考えています。

 

 

 

Webデザインスキルの難易度は?

 

「どんなスキルを身につければ

報酬の高い仕事をゲットできるのかは

わかった。

 

でも、初心者でも

簡単に身につけることができるのだろうか…?」

 

といったことが

不安要素の一つだと思います。

 

 

実際私は、

 

Webデザインについて

専門学校などで勉強したのではなく、

 

運よく自宅や勤務先近くに

そういったことを教えてくれる

パソコンスクールがあったため、

 

HTMLなどのコーディングから

Photoshopといったグラフィックデザイン

ソフトの使用方法について

学ぶことができました。

 

 

▼併せて読みたい▼

>>【超初心者向け】HTMLとは何か?スキル習得で広がる可能性

 

 

で、完全初心者の私が

どの程度スクールに通ったら

ある程度の技術を身につけることが

できたのかというと、

 

2年間…です。

 

 

「えぇ~!!!ちょっと待ってよ~!!!全然初心者におすすめの比較的簡単なスキルじゃないじゃ~ん!!!」

 

といった絶望にも似た

嘆きが聞こえてきそうですが、

 

 

私の場合、

 

かな~り細かい部分から

丁寧に丁寧にて~いねいに

 

そしてゆっくりと勉強を進めたため、

 

これほどまでに時間がかかってしまいました。

 

 

なので、

 

別にそこまで詳しく

勉強する必要はないよ、

 

ってところまで

勉強してきたため、

 

しっかりとスキルを身につけることは

できたものの、

 

挫折するリスクの高い

道を通ってきたというわけです。

 

 

 

また、

 

私の場合はスクールに

通って勉強していたので、

 

独学で毎日自宅で

勉強する、という場合や

 

副業で役立つスキルのみを

身につけたいのであれば

 

個人差はもちろんありますが

3~4カ月ほどあれば

ある程度の技術を身につけることは

可能だと思っています。

 

 

 

将来に役立つスキルの勉強法

 

では、

 

こういったスキルを

どのように身につけていけば

良いのかというと、

 

以下のような方法があります。

 

  1. 本を買って独学
  2. 無料・有料サービスを利用して独学
  3. スクールや専門学校に通う

 

一番簡単で

 

誰でもできる方法というのが

1,2の独学で勉強する

です。

 

 

思い立ったその日に

本屋へ立ち寄り

 

参考書などを購入して

勉強をスタートできます。

 

 

それに、

 

かかる費用や時間も

スクールなどへ通う場合に比べると

 

格段に節約することができます。

 

 

ただ、

 

想像していただくと

わかると思うのですが、

 

独学で新しいスキルを学ぶ

というのは結構難しい…

 

 

それでいて

怠けようと思えば

 

いくらでも怠けることができるので、

 

私のような

3日坊主の常習犯的人間には

挫折のリスクを高めてしまう

もっとも向かない学習法かもしれません。

 

 

なので、

 

私もデザインについて

勉強してみようと思ったときに

 

スクールへ通って

強制的に勉強する

環境の確保を行ったというわけです。

 

 

ただ、

 

私のように運よく通える範囲内に

Webデザインを教えてくれる

スクールがあれば良いのですが、

 

 

専門的なことまで

教えてくれるところは

それほど多くはないのが

現状です。

 

 

また、

 

スクールへ通えば

直接講師から教えてもらえるため

勉強内容がわからずに挫折するリスクは

低く抑えることができますが、

 

空いた時間に

スクールで勉強をし続ける

というのは

 

結構しんどいものです。

 

 

おそらく多くの方は

空いた時間に勉強する

となると、

 

仕事帰りだったり

休みの日を利用して

 

疲れた体に鞭を打ちつつ

勉強をすることになると思います。

 

 

仕事を終えて

すぐさま家に帰れないというのは

私にとって結構ストレスで…。

 

 

それだけではなく、

 

特に趣味のない私が

一日の中で一番楽しみにしていたものが

 

夕食でした。

 

 

仕事帰りにスクールへ寄り道をし

Webデザインの勉強をするとなると

 

唯一の楽しみを犠牲にしなければ

なりません。

 

 

 

「これを習得しなければ私の未来はない…」

そう思って何とか

2年間通い続けることができましたが、

 

それが私にとっては

かなりしんどいものでした。

 

 

 

ストレスのない学習方法を選ぶ

 

でも今思うと

 

そこまで

しんどい思いしてまで勉強を

続ける必要なんてない!

このように思うわけです。

 

 

 

なぜならば、

 

自分の幸せのために

行うスキルの習得なわけですから、

 

将来の幸せのために

今の幸せを犠牲にする必要なんて

そんなナンセンスな…。

 

 

 

というわけで、

 

2年間しんどい思いをし続けた私が

今おすすめする学習方法というのが、

 

オンラインスクールで学ぶ

ということです。

 

 

ひと昔前のように

何かを学ぶには

 

○○教室まで通わなければ

ならない…という時代は

既に終焉を迎えつつあるようで、

 

 

今では自宅に居ながらにして

学びたいことを学ぶ環境を

得ることができるのです。

 

 

特に、私がおすすめした

スキルでもある

HTMLなどのコーディングや、

 

もっと高度なスキルであるPHPといった

プログラミング系のカリキュラムを

備えたオンラインスクールは

盛り上がりを見せているようで、

 

自分の努力次第では

”エンジニア”になることも

夢ではない時代になりつつあるのです。

 

 

 

Webデザインでおすすめのオンラインスクールはどこ?

 

色々あるオンラインスクールの中でも

特におすすめなのがこちら▼

>>現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp です。

 

 

名前の通りなのですが、

 

こちらのスクールは

オンラインスクールにありがちな

教材や動画だけでほぼ独学…といったスタイルではなく、

 

厳しい選考の上選び抜かれた

現役エンジニアに

 

勉強を進めていてわからない部分を

直接聞くことができるという

マンツーマン形式のスクールなのです。

 

 

 

そのため、

 

途中でつまずいて

敢え無く挫折…というリスク回避にも

つながります。

 

 

なので、

 

時間を有効利用しつつ

初心者からでも最短で

しっかりとスキルを身につけるには

 

おすすめの方法です。

 

 

 

私がWebデザインの

勉強を始めたのが今から

 

6~7年ほど前の事なので、

 

その当時は

オンラインで学ぼう…!なんて発想は

そもそもありません…、ってくらい

 

アナログな時代でした。

 

 

また、

 

当時は大都市東京ではなく

 

最寄りのコンビニまで

徒歩30分という

 

ど田舎に住んでいたため、

 

どうしても

最先端の技術を学ぶには

 

限界がありました。

 

 

 

Web系のことを学んでみて

つくづく感じるのが、

 

時代はどんどん進んでいる…

 

ということです。

 

 

私のように遠回りをせずに

時間を有効に使いつつ

効率よくスキルアップに励み、

 

自分で稼げる力を身につけてみては

いかがでしょうか?

 

 

ちなみに先ほどご紹介したスクールは

様々なコースがあり

勉強できる幅も広く、

 

講師陣も現役エンジニアだけあって

知識豊富で様々なこと分野を網羅しているようです。

 

 

 

カリキュラムを見てみても

 

そもそも一体何を勉強するのが

得策なのかわからない…

 

という方もいるかもしれません。

 

 

そんな場合に

私がおすすめしたいのは、

 

HTML/CSS、JavaScript、Photoshop、illustrator

を網羅している

 

デザインマスターコースです。

(人気No1はプレミアムコースになってるけどデザインマスターコースでも十分だよ)

 

 

 

Webサイトの構築をするための

HTMLとCSS、

 

そしてさらに

Webサイトに動きのある

デザインを取り入れるJavaScript、

 

サイトのデザインや画像加工に

絶対必須のPhotoshop、illustrator

という

 

層々たるメンツを取り揃えた

コースになります。

 

 

 

と、まぁ~

これまでいろいろ苦労して

色々将来のために

 

スキルアップに邁進してきたわけですが、

 

自宅にいなたらにして

これだけのことを勉強できるなんて…

 

あともう少し遅く生まれたかった…と、

 

嘆くばかりの由紀子です。

 

 

▼由紀子がうらやむカリキュラムを備えたオンラインスクール詳細▼

現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、

 

自分に無理のない生活を

選択した私が、

 

短時間勤務にプラスアルファで

稼ぐ力を身につけるには?

 

 

ということでお伝えしてきました。

 

 

その中でフリーや在宅ワーク

として仕事を得るための

 

おすすめのスキルや

その学習環境についてご紹介しました。

 

 

 

こういったスキルを身につけることで

 

自分にできることができる幅が

広がるだけではなく、

 

将来への希望にもつながります。

 

 

また、

 

”自分で稼げる”という実感を得ることで

自分自身にも自信を持つことができるでしょう。

 

 

これは、

 

色々とできないことが多い

発達障害者にとって

 

”自分に自信がつく”というのは

もしかすると

 

仕事を得る以上に

必要なことかもしれません。

 

 

 

何かにチャレンジしたいと思っている方、

 

自分に自信をつけたい方、

 

自分で稼ぐ力をつけたい方は

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました