ヴィーガンは危険ってほんと?菜食生活で気を付けたいこと

健康のために
玄米菜食をはじめました!

という方も最近では
多いのではないでしょうか。

ここ最近では
健康志向の高まりから、

ベジタリアンやヴィーガンに
対応したレストランや
加工食品も増えてきたように思います。

私自身も、

厳格にではありませんが
極力肉や乳製品は摂取しない

野菜や植物由来食品中心の
食生活を送っています。

そんな中で疑問に思うのが

ヴィーガンって本当に健康にいいの?

ってことです。

高カロリー高たんぱくな肉を避けることで、

一見健康的で理想的な食生活が
送れるように思いますが、

ヴィーガンには賛否両論あるのは確かなようです。

中には肉を食べなくなってから
逆に体調が悪くなった…!
という人もいるようです。

そこで今回は、

ヴィーガンの食生活に潜む危険性と
菜食主義を続けていく上で気を付けたい
ポイントについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

ヴィーガンとは

そもそもヴィーガンとは、

ベジタリアンの中でも
特にストイックな食生活や

ライフスタイルといわれており、

肉や魚はもちろんのこと
乳製品、卵、はちみつの摂取もしない
植物性食品のみを摂取する人のことを言います。

また、

食べ物だけではなく
動物が原料とされる毛皮や革製品などの
使用も避けるということで、

動物愛護や環境保護の観点から
ヴィーガンになったという方もいるようです。

ヴィーガンは危険なの?

私たち人間は、

食べることによって栄養を摂取しています。

そのため、

ダイエットのためや
健康に良さそうだからといった理由から

肉や魚の摂取を避けることで
必要な栄養を十分に摂取できずに
体に不調をきたしてしまう人もいるようです。

人間にとって必要な栄養素のうち、

ビタミンB12を除くほとんどのものは
植物性食品からも摂取が可能です。

植物性食品からの摂取が難しい
ビタミンB12に関しても、

もともと人間が生まれた時にビタミンB12に
含まれる成分は体内に備わっている
と言います。

そのため、

ビタミンB12に関して
現段階では
そんなに気にする必要はないようです。

ではヴィーガンの食生活を送るうえで
欠乏しがちな栄養素とは一体何なのでしょうか。

関連記事:ほぼヴィーガンのわたしの食生活!栄養不足は心配無用?

たんぱく質の不足による体調不良

人間にとって大切な栄養素の一つに
たんぱく質があります。

たんぱく質が多く含まれる食材といえば

肉や魚、乳製品などが思い浮かびますよね。

学校の給食などを思い出していただいても、

毎日牛乳が出ていたり
一日のメニューの中に必ずと言っていいほど
お肉、もしくは魚が含まれていたことから、

日本では主に肉や魚といった
動物性たんぱく質を栄養源としていることが
わかります。

そのため
菜食生活を送っている方や
ダイエットのために動物性食品を
避けているという方の中には、

たんぱく質を
十分に摂取できずに
様々な不調をきたしてしまう
場合があるようです。

たんぱく質が不足すると…?

では、

たんぱく質がを十分に摂取できないと
一体私たちの体には
どんな不調が起こるのでしょうか。

たんぱく質の主な働きとしては、

骨や筋肉、皮膚、血液といった
私たちの体を形成するのに
重要な役割を果たしています。

そのため、

たんぱく質が不足することで
肌がかさついたり、

爪や髪の毛がもろくなってしまったりと
美容にも悪影響を及ぼしてしまいます。

また、

十分なたんぱく質を摂取できないことで
筋力の低下を招いたり、

疲れやすくなる、冷え性、貧血など
様々な不調の原因にもなると言われています。

その他にも
肝機能障害や免疫力の低下なども
招いてしまうということで、

私たちが健康的な生活を送っていくためには
たんぱく質の存在が
必要不可欠ということがわかります。

たんぱく質が含まれる植物性食品

では、

ヴィーガンでも必要なたんぱく質を
摂取するには、

一体どんなものを食べればいいのでしょうか。

たんぱく質が多く含まれる食材として
有名なものといえば
大豆製品ではないでしょうか。

大豆製品に含まれるたんぱく質量(100gあたり)

ゆで大豆16g
豆腐 4.9g
豆乳 3.6g
湯葉 22g
納豆 8.3g

赤身の牛肉に含まれるたんぱく質量が
19.1gですから、

大豆製品からもお肉並みの
たんぱく質を摂取することは
できるようですね。

大豆製品の他にも、

豆類、ナッツ類、穀類にもたんぱく質は
豊富に含まれているようです。

ナッツ類(100gあたり)

くるみ 14.4g
ピスタチオ 20g
アーモンド 18.7g
カシューナッツ 17.2g
ピーナッツバター 7g(大さじ2)

豆類(100gあたり)

小豆 8g
ひよこ豆 9g
インゲン 9g

穀類(100gあたり)

白米 6.1
パスタ 5g
オートミール 12.5g

このように、

豆、ナッツ、穀類を中心に
植物性食材からも
たんぱく質が含まれる食材は
豊富にあることがわかります。

そのため、

こういったものを
意識して摂取することで
ヴィーガンの方が陥りがちな
たんぱく質不足を
回避することができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

健康的な生活を送るうえで大切なこと

今回お伝えした通り
ヴィーガンの生活を送るうえで、

意識して摂取したいのが
たんぱく質をはじめとする栄養素です。

人によっては
お肉を食べるのをやめて
どうしても体調がすぐれない
という方や、

食べたいのに我慢していることから
ストレスで体調が悪くなってしまう
という方もいるようですが、

私個人の考え方としては
自分の体に合ったものを
バランスよく摂取していくのが

大事なのでは?ということです。

”バランスよく”というのが
重要なポイントで、

今回お伝えした
たんぱく質を多く含んでいる
大豆製品ばかりを偏って摂取しても、

あまり良いこととは言えません。

大豆製品も取りつつ、

他の豆類やナッツ、穀類と共に
バランスよく栄養を
補っていくことが、

健康を保っていくためにも
楽しい食生活を送っていくためにも
重要だと考えています。

また、

菜食生活で不足しがちな必要な栄養素は
たんぱく質以外にも
カルシウム、鉄分、亜鉛など、

様々なものがあります。

なので食事をとる際は

肉を食べなければそれでいい
という考えや
カロリーのみを考えるのではなく、

食材に含まれる栄養素も考えつつ
バランスよく食べていきたいものですね。

私自身、

今の食生活を送り始めて
様々な良い変化もありました。

賛否両論あるヴィーガンですが、

しっかりと栄養バランスを考えて
実践していくことで、

カロリー過多の現代で健康を維持していくのに
効果的な食生活ではないかと思っています。

まとめ

今回はヴィーガンに

不足しがちな栄養素の中でも
たんぱく質にフォーカスを当てて
ご紹介してきました。

たんぱく質は体を生成するのに
重要な役割を果たしているということ、

たんぱく質が不足すると美容や健康に
支障をきたすということ、

大豆やナッツ、穀類からも
たんぱく質を摂取することができるということ、

これらのことを踏まえて
健康的な食生活をおくっていきたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする