時短レシピ!焼き芋を自宅で簡単レンジでねっとり系に仕上げる方法!

レシピ
dav

 

ここ最近の焼き芋ブームで

スーパーの焼き芋コーナーには

必ず立ち寄るという、

 

焼き芋ファンも増えているのではないでしょうか。

 

 

さつまいも自体の品種改良も進み、

 

より甘くてねっとりとした

焼き芋を作ることが可能になっているようです。

 

 

そこで今回は、

 

私たちを魅了してやまない

甘くておいしいねっとり系の焼き芋を、

 

自宅でも簡単に作ることのできる

レンジの時短レシピ

ご紹介します!!

 

スポンサードリンク

 

 

 

焼き芋をレンジでねっとり系に仕上げるには?

 

では早速、

 

自宅でも簡単にできる

焼き芋レシピをご紹介します。

 

 

【準備するもの】

さつまいも

キッチンペーパー

ラップorビニール袋

 

【焼き芋の作り方】

1、焼き芋を洗う

2、濡らしたキッチンペーパーでくるむ

3、芋をビニール袋、またはラップでくるむ

4、500w~600wのレンジで1分~1分半加熱

5、200wで10分加熱
(サイズによっては8分~12分)
⇒完成

 

このレシピでは

洗ったさつまいもをキッチンペーパーでくるみ、

 

さらにビニール袋やラップで

包んでからレンジでチンすることで、

 

焼き芋をしっとりと

仕上げているというわけです。

 

 

キッチンペーパーが家にないという場合や

ほっくり系の焼き芋に仕上げたい

という場合は、

 

新聞紙を使うレシピもあるようです。

 

 

新聞紙でさつまいもをくるむ場合は、

 

はじめの500~600wでの加熱時間は

2分に設定し、

 

あとは弱(200w)で

10分程度の加熱で大丈夫です。

 

 

 

 

焼き芋が甘くなる理由

 

通常甘い焼き芋を作るには

なるべく低温で時間をかけて

作るのがよいとされています。

 

 

なぜかというと、

 

焼き芋皮から染み出した

あふれんばかりの蜜を

スーパーの焼き芋コーナーで

見たことがあるという方も多いと思います。

 

 

あれはさつまいもを加熱することで

β-アミラーゼという酵素が

さつまいもに含まれるでんぷんを

麦芽糖に変えることで、

 

あれほどまでに蜜がたっぷりで

甘くなるというわけです。

 

 

なので、

 

生のさつまいもでは

蜜が入っているようには見えませんが、

 

石焼き芋のようにじっくりと焼き

酵素が活発に働く温度を

なるべく長く保つことで

 

より甘くてねっとりとした

焼き芋が出来上がるというわけなんです。

 

 

 

高温で一気に加熱しないのがポイント

 

そのため、

 

レンジで焼き芋を作るなら

強で一気にチンしちゃえばいいんじゃないの?

 

と思ってしまいますが、

 

それだとただの

ふかし芋と変わりない出来栄えに

なってしまいます。

 

 

でんぷんを糖に変えてくれるという

ありがたい酵素が

一番活発に働く温度というのが、

 

大体70度前後ということだそうです。

 

 

なので、

 

最初の500wでちょうどいい温度まで上げ、

 

その後さつまいもが甘さを引き出すための

温かさを弱でキープさせるというのが、

 

甘くねっとりとした

焼き芋を作るうえでは

最重要事項なわけです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

焼き芋は史上最強のヘルシースイーツ

 

最近では”砂糖断ち”という言葉を

よく聞きますが、

 

甘くておいしい、

そして手軽に摂取できる

お砂糖や、

 

砂糖がたくさん含まれている

お菓子というのは食べだすと止まりませんね。

 

 

また、

 

イライラしたり疲れた時に

甘いものを食べると

幸せな気分になったり

 

心が満たされたような

感覚を覚えたことがあると思います。

 

 

しかし、

 

そういった甘いものを

過剰に摂取すると血糖値が急上昇して

その結果太りやすい状態を招いてしまうそうです。

 

 

 

こういったことは

健康意識が高まっているここ最近では

皆さん承知のことかもしれません。

 

 

また、

 

食べた後の幸福感から

砂糖には依存性もあると言われています。

 

 

そのため、

 

なるべくなら砂糖が含まれた

お菓子などは避けたいところですが、

 

甘いものの誘惑を断ち切るのは

並大抵のことではありません。

 

 

そんな「甘いものが食べたい!」

という時に

 

私たちの救世主となってくれるのが

焼き芋さんです。

 

 

焼き芋は甘いながらも

食物繊維が豊富に含まれている

低GI食品なので、

 

食べた後の血糖値の上がり方も

砂糖や白米、食パンといった

食材に比べると緩やかです。

 

 

また、

 

ビタミンやカルシウム、カリウムなども

含まれている

 

まさに美容食ともいえる

優秀食材です。

 

 

なので、

 

甘いものが食べたい時の

おやつとして、

 

小ぶりの焼き芋をチョイスするのは

極旨スイーツ級のおいしさが味わえ、

 

しかも体にも優しいということで

おススメです!

 

 

 

まとめ

 

今回はレンジで簡単

ねっとり系焼き芋の作り方

 

についてお伝えしました。

 

 

記事後半でも書いた通り、

 

焼き芋っておやつとしては

ヘルシーで本当に優秀です。

 

 

そんな焼き芋を

レンジでも簡単に作ることが

できるということで、

 

おやつや食後のスイーツとして

試してみてはいかがでしょうか!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました